スタッフブログ

スタッフブログ - 衣類の収納について  収納の話

衣類の収納について  収納の話

カテゴリ : 
スタッフブログ
執筆 : 
eiwa 2013/5/20 10:20
暑い日が多くなりましたね。
この季節は外出時の服装に悩まれる方も多いのではないでしょうか?
そこで、今日の収納のお話は衣類について。








収納でお困りのことをお聞きすると多くの方が衣類を上げられます。皆さんたくさんの服をお持ちのようですね。

衣類の収納の問題点は量を減らすことで、ほとんどが解決してしまいます。


たとえば、

・出しっぱなしになる。
・収納が足りない。
・持っている服を忘れて似たような服ばかり買ってしまう。
・たくさんあるけど着るものがない。
・おしゃれの仕方がわからない。
  ・・・などなど。

最後のほうは収納とは関係ないようにも思えますが、収納がきちんとできていればおしゃれ上手さんにだってなれるんです。

衣類を「きちんと」収納しようとすると保管できる量が限られてきます。すべての服を見ることができるようにしておく必要があるからです。
見えるようにするということは、タンスの肥やしを見つけやすくするということです。


タンスの肥やしとは、着れない服や着ない服はもちろん似合わない服もです。

ハンガーにかかっているときには素敵でも、いざ着るとどうにも「私らしくないなぁ」と思う服もタンスの肥やしなのです。

「私らしくない服」は着ていても快適ではありません。
不快な服は楽しく着れませんからおしゃれも楽しくありません。

おしゃれが楽しくなるように気に入った服が一目瞭然のクローゼットを目指してみてはいかがでしょう。

一目瞭然の目安としては全体の8割くらいまでに収めること。
入れすぎると「出す・しまう」の動作が面倒になるので注意しましょう。



収め方としては

●アイテムごとにまとめる。
 特にたたんで収納する場所は半そでと長袖、短パンと長パンなどが出さなくてもわかるようにしておく必要があります。

●上下を分ける。
 収納にもよりますが、ハンガー収納などでポールが2段になっている場合や多段の引き出しを利用されている場合は、上に着るものは下の段に収納するとわかりやすくなります。

●アイテムごとに色別にする。
 余裕があればですが、色別にしておくとコーディネートがしやすくなります。
似たような服ばかりになりがちなら、色を見直してみるのもいいですよ。




そう入っても収納が少なくて・・・とおっしゃる方。
収納スペースが足りないのではなくて今もっている衣類の数が多すぎるのでは?

衣類の所有数を数えたことがありますか?
数えてみると意外にたくさんの衣類をお持ちだと気づかれるかも。
数え方でお勧めなのはアイテム別の数を調べること。
細かくなくていいので、

上着
シャツ
セーター
ズボン
スカート

くらいに分けて数えると手持ちの服がわかってきますよ。


ついでに要・不要の仕分けもしながらおしゃれについて考えてみてはいかがでしょうか。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.eiwa-corp.jp/modules/blog/tb.php/120