スタッフブログ

スタッフブログ - 水漏れを見破るの巻!!

水漏れを見破るの巻!!

カテゴリ : 
スタッフブログ
執筆 : 
one-chan 2008/9/16 22:12
one-chan
賃貸物件の1室をリフォームをしています。工事架橋も過ぎ、終わるなぁと思っていたら、水周りで、つまづきました。クロスの張替えがあり、水回りの器具を一時撤去したり、使用不能にしていましたが、再度取り付けている最中に、じわじわと水漏れして発覚しました。工事中で、気づけたのは、本当に幸いでした。ずっと空き室だったので、だれも水を使わないし、入居者が住みだしたら、ご都合をお聞きして、工事に入らなければならないし、何より、入居者の方に、ご迷惑が掛かってしまいます。 原因は、パッキンが痛んでました!!金物の継ぎ手に入っている黒いゴムの部分です。多分、10年ぐらいは、取替えていない様子で、クルクルっと巻いて、朽ちていました。大体、年数が経って、水漏れするといえば、パッキンの劣化が多いです。近頃は、ホームセンターにもたくさん、取り揃えていて、簡単に取替もできるようになりました。それと、昔は、鉄の管で、配管しているので、鉄管が、朽ちて、さびさびになり、穴が開くというパターンも多いです。この場合の施工者泣かせなのは、例えば、洗面台取替のために、外部の量水器メーターのバルブを閉め、鉄管内部の水を出し切り、洗面台を新しいものを取付、再度バルブを開けた後に、痛んだ鉄管内部に勢いよく、水が流れるので、その衝撃で、鉄管内のさびが取れ、流れ出たり、激しい時には、鉄管に穴が開く事があります。こうなったときは、なかなか、お客様にご説明しても、工事をしたからだと、施工に対しての疑いを持たれてしまうことがあり、かなり、悲しい思いをします。事前に考えられる事をお伝えすることが、重要なのだと肝に銘じる事例の一つです。我が家のパッキンいつから取替えていないか、少し考えてみてください。10年も経っていたら、漏れる可能性は、高くなっています。配管の下に置いてあるものが、濡れていたりしていませんか。たくさん物があって、わからないだけかも知れません。給水管からの漏れは、外部の量水器のバルブを閉めて、水が流れている時には、クルクル回る小さなコマがありますので、一切、水を使用しない状態で、じっとコマを見つめてください。じわじわでも回るなら、水漏れの危険がありますよ。当社でも水道工事は、承ったいるので、ご相談くださいね。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.eiwa-corp.jp/modules/blog/tb.php/17