アクアフォーム

水から生まれた断熱材

通常ガスを使用して充填させることが多い断熱材。アクアフォームは硬質ウレタンフォームの特性を生かし水を使って発泡させます。

これによってガスが抜けて性能が下がってしまう事が無くなりました。イソシアネートと水を含むポリオールを混合することで発生する炭酸ガスを発泡材として利用する事で、オゾン層破壊や地球温暖化の原因となるフロンを全く使用しない、地球にやさしいウレタンフォーム素材として開発させました。

現場での発砲施工で細かい部分の隙間を解消

アクアフォームは住宅の隅から隅まで家全体をすっぽり覆ってしまう現場吹き付け発泡による断熱工事です。

無数の細かい連続気泡で構成された硬質ウレタンフォームの特性を大いに発揮し、グラスウール10kの約1.5倍の断熱効果を保持しています。また透湿性も低く断熱材内部に湿気を通しにくいため、壁体内の結露を抑制し、建物の耐久性を高めます

いままでは…

施工が非常に難しく、手順も面倒です。そのため施工の精度にムラが出来、一定の品質を確保出来ません。

アクアフォームなら!

施工に時間もかからず、手間もかかりません。一定の品質を確保するため、施工後に気密測定を行っています。(別途有償)

優れた断熱性・気密性

高い断熱性と気密性を誇るアクアフォーム。複雑な構造の住宅も現場で吹付けて発泡させるから隙間なく施工できます。

また自己接着能力によって強力に接着するので、長期間に亘って優れた気密・断熱性を維持します。高い気密・断熱性をもつ住宅は省エネルギー効果が高く、建物の冷暖房に要する光熱費を削減します。

静かな住空間・吸音性能

硬質ウレタンフォームによる隙間のない施工で高い気密性を実現します。さらにアクアフォームの細かな気泡構造は吸音性にも優れています。

アクアフォームは隙間なく駆体に充填出来るため、隙間から入る外部の騒音や内側からの生活音の漏れを抑制します。また「アクアフォーム」の細かな気泡構造で音をスポンジ状のフォーム内に分散し、騒音や生活音の漏れを軽減し、より快適に暮らしていただけます。

暖冷房費で省エネ実現

なぜ半額になるの?
アクアフォーム現場発泡断熱材だから隙間のない構造で冷暖房の熱ロスがありません。具体的に冷暖房費で比較すると旧省エネの1/2以下に抑えられるのです。

CO2排出スリム化計画

高気密・高断熱のアクアフォームで断熱した住宅は隙間が少なく空気の循環効率が良いので余計な冷暖房エネルギーを削減する事ができ、CO2の排出量を減らす事が可能です。そこで日本アクアでは環境問題への貢献を実感して頂けるようCO2排出スリム化計画書の発行を実施しています。(別途有償)

人・環境への配慮

「アクアフォーム」は環境に悪影響を与えるフロンガスを一切使わず、水を発泡剤として使用する断熱材。

地球環境にやさしいだけでなく、人への影響も考慮し、アレルギーなどの原因とされる有害物質、ホルムアルデヒドも発生させません。暮らす人だけでなく施行する人にもやさしい安全な素材です。

繊維系断熱材の場合
人体への影響は?

クラスウールは細かいガラス繊維で出来ているため施工時に飛散しやすく、皮膚等への不快感があります。

アクアフォームの原料は水!人に環境にやさしい断熱材

地球環境に悪影響を与えるフロンガスや、アレルギーなどの原因とされるホルムアルデヒドも発生させません。