新築はこのご時世だからこそ今がお得!

トップ  >  新築はこのご時世だからこそ今がお得!

フラット35Sとは

耐震性
地震に強く、倒壊しにくい家
耐久性(劣化対策)
構造や骨組がしっかりした長く住める家
省エネルギー性
地球にやさしく家庭にやさしい家
CO2削減、冷暖房費節約など
バリアフリー性
床の段差をなくす手すりをつける

いずれか一つ以上の技術基準に適合した住宅がフラット35Sを受け入れます。

フラット35Sを受けると、通常は10年間0.3%の引下げ幅が、今年の12月30日までの申込分まで、10年間年1%の引下げ幅に拡大しています。つまり、今年フラット35S対応住宅のお家を建てると、10年間通常よりも月々のお支払いがお得に!!

とってもお得なこのフラット35Sですが、注意事項があります!

  1. 平成22年9月30日までの申込分について適応、平成23年以降の申込分から、金利引下げ幅は、年0.3%となります。
  2. フラット35Sは募集金額があり、募集金額に達する見込みとなった場合は、受付終了となります。

長期優良住宅とは・・・

耐震性
地震に強く、倒壊しにくい家
耐久性(劣化対策)
構造や骨組がしっかりした長く住める家
省エネルギー性
地球にやさしく家庭にやさしい家
CO2削減、冷暖房費節約など
バリアフリー性
床の段差をなくす手すりをつける
維持管理性
メンテナンスの容易な家

これらすべての技術基準に適合した住宅が長期優良住宅になります。

エコで安心安全長持ちする家

デメリット・・・建築コストが上がる(約1坪あたり2〜3万円高)

しかしこんなメリットが!!

  • 住宅ローン控除最大600万円の控除
  • 木の家整備促進事業より100万円の補助金が受けれる(申請先着順22年10月1日まで)
  • 登記費用が安くなる
  • 固定資産税の1/2軽減期間が3年から5年になる
  • 不動産取得税1200万円が1300万円の控除に
  • フラット35S(20年金利引下げタイプ)適用

さらに早島地区ではメリットが!若者定住促進推奨金制度のおしらせ

早島町役場では、若者の定住を促進し、早島の伝統、文化を守り育て、活力あるまちづくりを推進していくため、4月1日から町内に定住した若者に奨励金を交付します。

対象者
住宅の取得日において40歳以下で次のいづれかの要件を満たす人。
  • 町外から転入して、新しく住宅を取得した人
  • 町内のアパート等に住んでおり、新しく住宅を取得した人
  • 町内で親族等と同居しており、新しく家を取得した人
対象となる住宅
平成22年4月1日以降に新築又は購入した住宅(玄関・居室・便所・風呂及び台所を備えており、居住用部分の床面積が50屬鯆兇┐觸斬陝
交付要件
次の要件を満たす人。
  1. 町内に定住する意思を持ち、対象住宅を取得した人
  2. 住民登録をし、常時居住すること
  3. 町税及び町納付金を滞納していないこと
交付額:年額10万円を5年間